×

どうやって使うのが効果的か

スマホ

youtubeで音楽を使用するのは、規約に触れたり、著作権に引っかかったりするから心配と感じて、ためらってしまったりしていませんか。確かに、著作権などは存在することは確かです。でも、最近では、著作権フリーの音楽も多数ネット上には出回っています。youtubeに動画を投稿するのなら、音楽は使うべきです。では、どのように活用するのかですが、例えば、何かの作業をする動画なら、ただ単調な作業を見るだけでは、視聴者も飽きてしまいます。それを防ぐのには、BGMの使用が効果的です。ただの作業シーンでも、軽くBGMをかけておくだけで、その動画の雰囲気は全然違うものになります。視聴者を飽きさせたり、退屈に感じさせたりしない為です。他にも、音楽はその動画のジャンルによっても様々な使い方があります。そのひとつに、効果音としての音楽の使用があります。動画では、視聴者に理解しやすい内容にすることが大切です。よく、字幕を付けているyoutuberの方もいますよね。効果音によって何をわかりやすくするかというと、動画にうつっている人の「感情」です。嬉しい時には陽気な効果音、悲しい時には、マイナスなイメージの効果音を使うと、視聴者も、簡単にうつっている人の感情を理解できます。

どんな時に、どんなものを選ぶべきか

映像と男性

youtubeの動画で、著作権などでの制限はあるものの、音楽はとても大切な役割を果たします。では、どんな時に、どんな音楽を選ぶべきかを説明します。BGMや効果音の使い方は、youtuber一人一人によって異なり、様々です。つまり、個性を出すひとつの大切なポイントなのです。なので、youtuberは様々なポイントで音楽を使用するべきです。選び方ですが、まずは、その音楽を使用しても、大丈夫かどうかです。規約に違反していないか、著作権に引っかかっていないかなど、注意しましょう、先程も言ったように、著作権フリーのところから、引用するのが、安全ですね。ただ音楽を流しておけば良いのか、というと、そうではありません、シーンによっては、流すべきではない所もあるでしょう、どこで流して、どこで止めるかも、ひとつのクリエイターとしてのセンスが試されます。例えば、極端な話ですが、宝くじが当たった、というシーンで、ネガティブなBGMを流したりするのは、ナンセンスです。BGMにも、様々なものがあるので、適材適所なものを選ぶのが良いです。一概に、ただ流せば良いというものではありません。

広告募集中